冬はアイスクリームの季節です

アイスクリームがよく食べられる季節って知ってます?「何言ってるの、アイスクリームは夏に食べるに決まっているでしょう」と言われるかもしれませんが実は冬に食べるアイスクリームが人気急上昇。 寒い季節に、暖かい部屋で冷たいアイスクリームを食べるってなんて贅沢。思わず「アイスクリームの歌」を思い出しちゃいました。

アイスクリームが売れる気温は

25度前後の気温のときがアイスクリームが一番売れるそうです。これ以上気温が高くなる真夏には甘いアイスより、さっぱりとしたかき氷やシャーベットが好まれるようです。25度前後の気温と言えば、まさに冬のお部屋なのかもしれませんね。

冬に売れるアイスクリームってなに?

もっとも部屋の温度が30度前後の暖かさになったからと言ってかき氷が好まれるわけではありません。冬のアイスクリームはなんと言っても濃厚さで勝負。クリーム率アップのチョコレートたっぷりアイスクリームや季節の栗、ハロウィンのかぼちゃなど、アイスメーカーも季節限定で新商品を投入してきます。

ジェラートってアイスクリームと何がちがうの?

いつのまにかしっかり日本に根付いていたジェラート。ジェラートとアイスクリームはどうちがうの?「国や言語が違うだけで一緒じゃないの?」って思いますが、省令によって分類、「違うもの」とされています。 日本ではアイスクリームなどを食品衛生法にもとづく「乳及び乳製品の成分規格に関する省令」と「食品、添加物等の規格基準」の2つの法律で4つに分類しています。

  • アイスクリーム 重量百分率で乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪分8.0%以上
  • アイスミルク  重量百分率で乳固形分10.0%以上、うち乳脂肪分3.0%以上
  • ラクトアイス  重量百分率で乳固形分3.0%以上のもの
  • 上記以外は 氷菓

ジェラートは乳脂肪分が4~8%なので、アイスクリームではなくアイスミルクや氷菓に分類されます。

「シャーベット」や「ソルベ」なるものもあります

シャーベットやソルベは、果物などから作られたシロップやピューレを凍らせた氷菓子。アメリカでは乳脂肪分を1~2%含んでいないとシャーベットと認められずソルベと呼ばれてしまいます。ただ何故かソルべの方が高級品扱いされているらしいです。ちなみに日本では多くが氷菓になります。

ご当地アイスがおもしろい

ジェラートはイタリア発ですが、日本にもご当地アイスがあります。

  • ババヘラアイス・・・ババヘラアイスって知ってますか?主に秋田県で販売されているのですが、路上でおば様方が金属製のヘラでコーンにアイスを盛り付けるのでその名が付いたようです。薔薇のようにきれいに盛ってくれる名人級のおば様もいるようです。
  • アイスクリン・・・アイスクリンは、アイスクリームが昔呼ばれていた名称。高知県や沖縄県で販売されているのが有名です。特徴としては卵を材料にしていることです。
  • 白くま(白熊)アイス・・・今では他の地域のコンビになどでも売られるようになった「白くま(白熊)アイス」。もともとは鹿児島のお店で売られていたかき氷が最初。発祥の由来は諸説いろいろありますが、かき氷にたっぷりの果物がトッピングされたボリュームのあるかき氷です。

ご当地アイスやジェラート一覧

メルマガ読者プレゼント
壁紙壁紙コーナー  カレンダー付あります

浜離宮恩賜庭園のコスモス

各地の壁紙がたくさんあります 

すべての壁紙にカレンダーをつけることができます。