嬉野温泉 佐嘉平川屋の温泉湯豆腐

とろけて美味しい温泉湯豆腐

佐嘉平川屋の温泉湯豆腐

佐賀県にある嬉野温泉の名物、温泉湯豆腐は普通の湯豆腐ではありません。豆腐を鍋で煮るのは湯豆腐と同じですが、温泉湯豆腐の場合、鍋の中に入っているのはお湯ではなく温泉水。するとなぜかコトコト豆腐を炊いていると豆腐がとろ~りと溶け出してきます。角のとれた豆腐は、ふんわりとした食感が特徴で味わいも一段とまろやかになります。鍋の中のお湯は豆乳のように白濁し、コクのある汁になります。

【嬉野温泉 佐嘉平川屋】「温泉湯豆腐」とは

どうして豆腐が溶けるの?

佐賀県の嬉野温泉は、肥前風土記にも登場する歴史ある温泉で、江戸時代には長崎街道の宿場町として栄えたところ。嬉野温泉の泉質はナトリウムを多く含む重曹泉。角質化した肌をなめらかにするとして「日本三大美肌の湯」に選ばれ、注目を浴びています。この弱アルカリ性のお湯が、豆腐をとろとろにとろけさせる秘密なのです。

全国でも珍しい名物料理

温泉が配管されている温泉街中心部の家々では、湯豆腐といえば”温泉湯豆腐”のことで、とろけていない湯豆腐をみて驚くそうです。温泉水は販売が禁止されているので、嬉野温泉と同質の温泉調理水が開発されてから温泉湯豆腐がどこの家庭でも簡単に楽しめるようになり全国に広まったそうです。

【豆腐の佐嘉平川屋】

佐賀県・佐賀市内や嬉野温泉に店舗を構える温泉湯豆腐の専門店。温泉湯豆腐定食・豆腐白玉などが人気。所在地:佐賀県武雄市(店舗は佐賀市内・嬉野温泉)

佐嘉おぼろ
佐嘉おぼろ

”佐嘉おぼろ”

某雑誌のお取り寄せ企画で豆腐部門のグランプリに輝いた商品。よくある四角いお豆腐は豆乳ににがりを混ぜた後、重石をかけて余分な水分を搾るためどうしても堅くなりやすいのですが、この佐嘉おぼろは重石をかけず自然に水を切っています。なので、堅くならずふわっとした滑らかな食感が楽しめます。また、水にさらさないので大豆の甘みが逃げずに濃厚な大豆の風味が楽しめます。

呉どうふ

”呉どうふ”

焼き物の町、有田で新名物として話題になっている「呉どうふ」。豆乳ににがりを入れると普通のお豆腐になります。その時、にがりの代わりに澱粉を溶かして練り込むと「呉どうふ」になります。プリンのような光沢とお餅のような歯ごたえが特徴です。黒蜜ときなこをかければ和風スイーツに変身です。他にも、九州地方特有のデザート感覚の”胡麻豆腐”はもっちり食感。そのままでも黒蜜をかけても。落花生豆腐をアレンジした”もっちり落花生豆腐”はわさび醤油でおつまみに最高。

温泉湯豆腐と佐嘉湯の華雑炊セット

”温泉湯豆腐と佐嘉湯の華雑炊セット”

ご家庭でお豆腐がとろ~りととろけた温泉豆腐を楽しめるセット。温泉とうふに温泉調理水、タレに昆布やきのこまで付いています。のこった汁にご飯を入れれば、佐嘉湯の華雑炊に!

人気ランキング豆腐・豆加工品・こんにゃくランキング
メルマガ読者プレゼント
壁紙壁紙コーナー  カレンダー付あります

信州上田の安楽寺にて

各地の壁紙がたくさんあります 

すべての壁紙にカレンダーをつけることができます。