くずもち・あんみつの老舗 船橋屋の元祖くず餅

くず餅ひと筋2百年 くずもち・あんみつの老舗

元祖くず餅

東京の下町情緒が色濃く残る江東区亀戸三丁目、亀戸天神のすぐ側に「船橋屋」はあります。船橋屋は、江戸は文化二年(1805年)、十一代将軍徳川家斉の頃に創業しました。船橋屋初代の勘助は、良質な小麦の産地として有名な下総国(千葉県北部)の船橋出身でした。勘助は、亀戸天神が梅や藤の季節に、参拝客でにぎわうのを見て上京し、湯で練った小麦澱粉をせいろで蒸し、黒蜜ときな粉をかけた餅を作り売り出しました。それがまたたく間に参拝客の人気となりました。その餅はいつしか「くず餅」と呼ばれるようになり、江戸の名物の一つに数えられる程の評判となりました。

明治初頭に出た「大江戸風流くらべ」というかわら版で、江戸甘いもの屋番付に「亀戸くず餅・船橋屋」が横綱として紹介されました。創業当時の面影を今も残す本店には、芥川龍之介、永井荷風、吉川英治ら文化人も通い、くず餅の素朴な味を堪能したそうです。

船橋屋の元祖くず餅のこだわり

元祖くず餅

くず餅は厳選した小麦澱粉を使用し15ヶ月もの間、乳酸菌発酵精製。そして1つ1つ丁寧に蒸し上げました。その製法は江戸の昔より200年間変わる事なく、受け継がれています。

あんみつ

国内最高級といわれる伊豆七島産の天草を使用。北海道富良野産の赤えんどう豆は一粒一粒丁寧に煮あげました。黒糖蜜は沖縄産の黒糖をベースに数種類の砂糖をブレンドした、船橋屋秘伝の味です。磯の香りが漂う上質の素材から作られた生寒天と、相性の良い素材を吟味しました。

【元祖くず餅 船橋屋】

東京の下町情緒が色濃く残る江東区亀戸三丁目、亀戸天神のすぐ側に「船橋屋」はあります。創業当時の面影を今も残す本店には、芥川龍之介、永井荷風、吉川英治ら文化人も通い、くず餅の素朴な味を楽しみました。所在地:東京都江東区亀戸

元祖くず餅 船橋屋
くず餅プリン

”くず餅プリン”

【ネットSHOP店限定スイーツ】元祖くず餅の原材料である450日乳酸発酵させた小麦のでんぷん質を注ぎ込んだ“くず餅プリン”。小麦澱粉の特質をくず餅職人とパティシエの両人が考え、最も良い製造法を導き出しました。小麦粉澱粉をプリンの材料と混ぜ合わせ、1つ1つ丁寧に蒸し上げて完成します。こだわり抜いたくず餅プリン、船橋屋秘伝の黒糖蜜と香ばしい黄な粉をお好みでかけて召し上がれ。

和フィナンシャル

”和フィナンシャル”

サトウキビから採れる国内最高峰の和三盆砂糖と、香ばしい黒ごま、船橋屋特製きなこを使用した「和三盆と黒ごまきなこ」。深く香り立つ宇治抹茶と、ふっくらとした北海道産の大納言豆の歯ごたえが格別な「抹茶・大納言」。上質の焦がしバターで表面はサクッと、中はしっとりした歯ごたえが特長。和菓子やならではの和素材を用い、手間ひまかけて焼き上げた和フィナンシェです。

【夏季限定】天然氷河水かき氷(白玉入)

”【夏季限定】天然氷河水かき氷(白玉入)”

東北の名峰「鳥海山」には貴重な小氷河とされる万年雪があります。ゆっくりと溶けた万年雪は、地中深く浸透し、長い年月をかけて、自然のフィルターであるブナの原生林を通って山麓に沸き出します。その「まろやかで清冽」といわれる氷河水から、作り上げた天然氷河水かき氷です。甘みと酸味・香りが調和、果肉感を残した「苺ミルク」、北海道十勝産の小豆を炊き上げた餡と白蜜で丹念に練り上げたお抹茶で仕立てた「宇治金時」、たっぷりの夏みかんの房からつくり、つぶつぶがはじける「夏みかん」の3種類です。

人気ランキング菓子・スイーツランキング
メルマガ読者プレゼント
壁紙壁紙コーナー  カレンダー付あります

山居倉庫

各地の壁紙がたくさんあります 

すべての壁紙にカレンダーをつけることができます。