今回の逸品は「赤かれいの一夜干し」
逸品の名にふさわしく、1枚250gの大きさの一夜干しは見事です。

日本海で育った赤かれいは、厳しい荒波にもまれることで、身が引き締まり肉も厚くなります。
眼のない側が赤くなるのが「赤かれい」名前の由来。
赤ければ赤いほど、新鮮な証拠だそうです。
脂があり、地元では煮付け・から揚げでよく食べられます。
北陸では 昔からとても親しまれている魚です。

上品な白身魚の甘味がありますが、塩をして干すことでさらに旨みが出てきます。
値段的には高く思われますが、食べて納得すること間違いなし。
香ばしく焼いて朝食にだせば、フワフワ白身の食感や脂の旨みに朝からご飯のおかわりが欲しくなります。


残った一夜干しのアラ(頭・骨)をおわんに入れて、
熱湯をドバッとかけて醤油を垂らせば美味しい汁物が出来上がり。
贅沢なお吸い物にご飯もすすみます。

赤かれいの一夜干し 3枚 2,900円

他にもあります人気商品
ホタルイカ沖漬け・・・毎年リピーターの方々から販売時期を尋ねられる人気のホタルイカ沖漬け。

新潟 魚屋 和の月
魚屋和の月は新潟三条市にある割烹のお店です。目利きの店主が市場で買い付けた魚を、味噌漬や一夜干しにします。春のホタルイカの沖漬け、夏の岩牡蠣、お正月のおせち料理と年間通してリピーターが心待ちにしている商品が並びます。
【09/04メルマガにて紹介】
商品情報はメルマガ掲載時のものです。最新の情報は必ず店舗サイトでお確かめ下さい。
スイーツの銘店特集。他のお店にはない「魅力」を持ったお店こそ銘店と言われる所以
おすすめBOOK

グーグルで検索する