にほんばし島根館店舗画像
s

お店の紹介 11月で2年を迎える「にほんばし島根館」におじゃましました。 店内は日本橋という場所柄か商品もゆったりと配置され、全体的に上品な雰囲気でまとまっています。
  (取材日 05/08/24)

s
  • 運営 : 
  • 住所 : 東京都中央区日本橋室町1-5-3福島ビル1F
  • 電話番号 : 03-5201-3310
  • 営業時間 : 10:30~19:00
  • 定休日 : 年末年始

03-3548-9511(物産品問い合わせ)
再開発が進む日本橋のちょうど真ん中、三越の真向かいということもあり、デパート帰りのご婦人方が数多く、来店されていました。

[ 大きな地図 ]
s
 
  抹茶はもちろんのこと、煎茶からハーブティーまで種類が豊富です。
季節を感じさせてくれる和菓子の数々
七代目藩主「松平不昧公(ふまいこう)」が松江に茶の湯を広げ、いまでも松江では日常的に抹茶を飲む習慣が引き継がれています。それゆえに和菓子の文化も育ち、茶道を嗜む人の間では松江の和菓子は大変有名です。
 
 
トマトケチャップ 奥出雲の平地飼卵 と 卵かけご飯専用醤油”おたまはん” 人気のセットです。

 
どっちの料理ショー特選素材でも紹介された斐川町のトマトケチャップ。減農薬生産された完熟加工用トマトと玉葱を使い、7時間じっくり煮込んで作られます。さわやかな酸味とまろやかな甘味に加え、フレッシュトマトの香りがする、色鮮やかで美味しいケチャップです。
 
 

(現在はお米の精米はしておりません)
 
地元の良質酒米と名水、そして出雲杜氏がていねいに醸りあげた地酒は人気の商品です。

 

名産あご野焼き
のどぐろ等一番人気の干物

山陰地方ではトビウオのことを ”あご”と言います。
本来、”あご野焼き”は直径約7~8センチ、長さが70センチほどもある物もあるそうです。にほんばし島根館ではお手頃サイズから 一口サイズのお求めやすいものまでそろっています。
 
 島根の特産品”いちじく”を使ったゼリー

にほんばし島根館ではいちじくの加工品を多数そろえてますが、季節には地元から生のいちじくが届き、それを目当てにこられるお客様も多いそうです。
 
斐川町の西側、出西地区で作られる「出西(しゅっさい)しょうが」。この土地でしか育たず、400年の歴史を誇る食材だそうです。
「出西(しゅっさい)しょうが」を使った
生姜糖
シンプルに味噌をつけて。
繊維が柔らかく、上品な辛さとすがすがしい香りが口に広がります。
 
松江和紙手まり
観光案内コーナーでは、県内の観光情報をご提供。
また、出雲石灯ろうや石州和紙等島根の工芸品にふれることができます。
隣にある”主水”
日本海、島根の味にふれることができます。
ランチ限定40食の”かにちらし寿司”山陰名物のずわいがにをたっぷり使った贅沢な丼。お昼になると近くの会社員が列をつくります。
このほかに”のどぐろの一夜干しや奥出雲産もち豚の料理、しまね和牛なども楽しめます。
特産品販売特産品販売 軽食・レストラン併設軽食・レストラン併設 観光情報観光情報 体験ができる体験コーナー
※ 情報は掲載時のものです。最新の情報は必ず個々のサイトでお確かめ下さい。
※ 地図は住所を基準に算出されています。その位置からはずれている場合もございます。
※ 店舗によっては季節により取り扱い商品が変動する場合がございます。
※ 当サイトはここに紹介するサイトとの間の取引に一切関与致しません。また、当該取引により発生したトラブル等についても一切関与致しませんので何卒ご了承下さい。
島根県人気特産品ランキング
郷土料理を食べに行く

『島根県』の郷土料理を見てみる

メルマガ読者限定プレゼント
メルマガ読者プレゼント
おすすめamazon PR

みんなのコメント

s