鰻・うなぎ特集

お店紹介上

夏の「土用の丑の日」に欠かせない”鰻”。本来、土用は春夏秋冬それぞれにあり、”土用の丑の日”は年に何回かあるようです。最近ではうなぎを売るお店も「春の土用」や「冬の土用」などと丑の日を宣伝しています。平賀源内が夏に食べることを広めたという「うなぎ」。暑い時やスタミナをつけたい時に、やっぱり食べたくなりますよね。

おうちでお店の味が食べられたらうれしい!!ということで、お店のうなぎをそのまま届けてくれるお店をご紹介します。

うなぎ屋かわすい 川口水産|四万十うなぎうなぎ藤田うなぎ浜名湖山吹

お店紹介下

【うなぎ屋かわすい 川口水産】-直営養鰻場で育てています-

特大サイズのうなぎ蒲焼き

「うなぎ屋かわすい」は、1977年和歌山県の有田市にうなぎ専門店として創業。2009年には高知県に直営の養鰻場(ようまんじょう)を造り、自社で「育てる・焼く・届ける」を実現しました。また、他の地域から仕入れる際も国内産にこだわり良質なうなぎを集めています。鹿児島・宮崎・高知などの養殖場から仕入れられたうなぎは、製品についているロット番号でどこで育ったうなぎか調べることが出来ます。仕入れがある時にしか販売しませんが、徳島県の吉野川で獲れた天然うなぎや脂ののった青口うなぎも扱っています。

肉厚たっぷり、脂ののりも最高 【うなぎ屋かわすい】

【うなぎ屋かわすい 川口水産】おすすめポイント

おすすめポイント1【焼きは関西風の地焼き】

蒸してから焼く関東風(江戸風)とは違い、焼きながら余分な脂を落とし身を柔らかくしていきます。何回も何回も返しながら焼かれたうなぎはサクッと香ばしく、ふんわ~り柔らかくなっています。

おすすめポイント2【清流吉野川で育ちました】

入荷数がごく少ないためなかなか販売されない”天然うなぎ”。しかし、一度口にすると忘れられない味だとか。通常は、料亭などに流れてしまう”天然の鰻”をうなぎ漁師さんから直接し入れるため入荷できるのです。しっかりとした濃厚な味が特徴といわれる”天然うなぎ”。なかなか入荷しませんので、こまめにお店をチェック!!

おすすめポイント3【おうちで簡単ひつまぶし】

関東でも人気のある”ひつまぶし”。「きざみうなぎの蒲焼き」を使えば、簡単にしかも美味しく楽しめます。国内産の鰻を焼き上げ、自家製秘伝のたれに漬け込んであります。だから温めると鰻とたれがよく絡んで絶品。他の蒲焼きと一緒なのにお買い得な”きざみうなぎ”。薬味やお茶漬けと一緒に「ひつまぶし」にしたり、お料理にもすぐ使えて便利です。

きざみうなぎの蒲焼き白焼きうなぎ幻のアオ鰻国産うなぎの鰻重
育てて焼いて届ける 【うなぎ屋かわすい 川口水産】

※ 情報は掲載時のものです。最新の情報は必ず店舗サイトでお確かめ下さい。

※ 店舗によっては季節により取り扱い商品が変動する場合がございます。

※ 当サイトはここに紹介するサイトとの間の取引に一切関与致しません。また、当該取引により発生したトラブル等についても一切関与致しませんので何卒ご了承下さい。

キーワードからウナギを探す
おすすめBOOK