寒緋桜の壁紙

寒緋桜の壁紙

↓ ダウンロードボタンをクリックすると各サイズのダウンロードページが開きます。そこで、「カレンダー付き」か「カレンダー無し」か選択できます。

寒緋桜の壁紙[iPhone6plus (1080 x 1920)]ダウンロードページへ

寒緋桜の壁紙[SXGA (1280 x 1024)]ダウンロードページへ

寒緋桜の壁紙[WSXGA+ 16:10 (1680 x 1050)]ダウンロードページへ

寒緋桜の壁紙[HDTV1080 16:9 (1920 x 1080)]ダウンロードページへ

寒緋桜

荏原神社の寒緋桜
正面に恵比寿様が鎮座する荏原神社には2本の寒緋桜があります。今年も見事に満開となりました。

寒緋桜(カンヒザクラ)は、緋寒桜(ヒカンザクラ)、台湾桜(タイワンザクラ)と同じもので、ソメイヨシノよりもずっと早く1月~2月に花が咲きはじめます。花の色は個体差があるようですが、荏原神社の寒緋桜はソメイヨシノよりも濃いピンク色をしています。恵比寿様にかぶさるように咲く姿が道行く人の目にとまり、写真を撮っている方も少なくありません。

荏原神社では、毎年6月に天王祭が行われます。”天王洲”の地名の由来とかかわりのある天王祭では、海中渡御(かいちゅうとぎょ)で最大の盛り上がりを見せます。
南の天王祭(荏原神社例大祭) - しながわ観光協会

荏原神社には京浜急行・新馬場駅から目黒川沿いに歩いて5分ほど。
でも、品川駅で下車し八ツ山橋からはじまる品川宿を抜けるコースがおすすめです(徒歩20分ほど)。品川宿の風情ある商店街は、さらに隣駅の青物横丁まで続きます。
荏原神社のホームページ

  • 撮影場所: 東京都品川区荏原神社
  • 使用カメラ: FUJIFILM X-E2(内蔵ストロボ使用)
  • 使用レンズ: FUJINON XF23mmF1.4 R
  • 使用ソフト: Lightroom5、PhotoshopCS6

※家庭やオフィスでのご自身のパソコンのデスクトップ壁紙としてお使いいただけます。 それ以外の目的でのご利用、複製、転載、配布を固く禁じます。
掲載作品の著作権は“たくさんとくさん編集局”に帰属します。

ご感想をお寄せくださいwebmaster@takusan.net

人気ランキング特産品ランキング
メルマガ読者プレゼント